幅6m道路に庭木のアーチ門2

気になったので昨日と同じコースを
(ちょっと迷って)
たどってあのアーチ門の木を確認してきました。

やはり両方とも桜でした。桜ならまあ毎年綺麗に
花咲かせるし、許しとこか、てなもんかな。
どうやろね。下は道路やから落ち着いて見られへんしね。
春になればまた、確認します。

そういえば、庭に桜の樹を植える人は少ないね。
今まで生きてきて数えるほどしか見たことない。

聞いたところによると
手入れが大変で剪定すると腐るそうで、伸ばし放題
そのうえ成長が早く、横へ大きく乱れていくし、
樹勢が20年ほどで落ちてくると毛虫発生に悩まされる。

花が綺麗なのは1週間ほど後の51週間はさほど
嬉しくもない。紅葉もさほど美しくない。
花の散る姿が凶報に例えられる。
根が浅いところで早く広がって家の基礎を
持ち上げる。(現代は違うが)
など。あまりプラス要因がないのである。

それで、庭木にはめったにお目にかかれません。
まああの様子を見たらそのとおり、横に
好き勝手にのびまくってるんやね。

庭木で見ないといえば、街路樹ではよくみかける
銀杏、プラタナス、マロニエ、柳、
こんなのはみませんね。

特にプラタナスは樹形がすごいもんね。
岡本太郎がつくったみたい。
あれが似合う家を建ててみたいもんやな。

4年ほど前の5月に街中に大量の毛虫発生したことが
ありました。街中と言っても住宅街をちょっと離れた
樹の多い場所や、公園などですが、

ほんまに足の踏み場も探したいくらい
歩道一面に落ちてうにょうにょと動いてるさまは
強烈でした。あの年だけでその後は見かけません。

公園やそこらに春先になると存在をアピール
してくる桜の樹の下には特に多かったような気がする。
やはり毛虫発生要注意。

庭木として使わんけど公園や学校には必ずあるね。
小学生の頃は桜の大きな樹を背中にして
「どうま」という遊びをよくやってました。

これは今思えば、危険極まりない、いじめにも
発展しそうな恐ろしい遊びでした。

5人づつくらい2チームに分かれて
1人親が気にもたれて立ち、4人がかがんで後ろからまたぐらに
頭を突っ込み連結して先頭が親のまたぐらに入れて準備OK

そこへ相手チームがすごい勢いで走ってきて、そのかがんでる
連中の背中に飛び乗ってつぶす。5人目まで耐えたら
ようやく「いんちゃん」(大阪では昔じゃんけんをこう呼んでいた)して

勝てば交代、入れ替わって、虐待の限りを尽くすかの如く
どうにかして高い飛行を試み、相手チームの背中に
お尻から飛び乗るのである。

現代の親がみたら卒倒するのではないだろうか
と思うほど、えげつなく痛く、危険な遊びでした。
今でも存在するのかな。あの遊び。

不思議と皆、背骨が丈夫で
けが人が出た話は聞いたことなかった。
現代の子供は骨折が多いね。

しょっちゅう、子供の友達の骨折の話を聞くわ。
食べ物の違いでしょうか?

身体は丈夫に健康に育ちたいものです。
桜の木のように伸び放題でちょっと迷惑でも
元気なほうがいいですね。

うだつ

うだつを知ってますか?
まず都会の街中、住宅街ではみたことないでしょう。
あの「うだつがあがらない」=見栄えがしない、
状態がいまいち良くない、

というような意味に使われるあのうだつです。
明石の海に近い街でみつけました。

さすがにうだつが上がる家だけあって
細部のディティールがきっちりしてるわ。
各所見栄えが良い。

例えば、竪樋。
これは現代の住宅は95%くらいは鉄芯入り塩ビ雨樋で
一番ローコスト。ハイコストの銅やステンレスは使いません。
一般庶民住宅では。

多分5000万円超える住宅あたりから
使い始めるかもしれません。
ましてこの住宅のように樋の通り道を左官で作るなどというような
おさめ方をするとは道楽の域ではないかと思います。

その他気になるところは意外にどういう意図かよくわからん
ガスメーターの設置高さ。これは目立たせたくないものなのでは。
と思うのだが、なぜにこの位置?

瓦屋根の下に銅の庇。

なぐった木縦格子。

銅板製の雨戸?

竹の面格子。

瓦はおそらく淡路瓦。
丁寧に作ってあるので中も興味あるけど
人のうちなので見れません。いい外観の家と思いました。

そこからふらふらと海のほうへ行くと
漁港があり、船の手入れをしてる漁師のおっちゃんに
出会い、話を聞くと、タコを底引き網でとってたらしく
もう旬も終わるのでこれからはタイをとる網に換えるのだそうです。

その網を引っ張る高足蟹の足のようなアームの手入れ中でした。
手入れしながらもようけ話してくれました。
タコは昔は壷なんかでとってたけど今は
網で大量にとるらしい。

タコはこの時期から砂に潜って産卵にそなえるそうで
今の時期からとれるタコは高くてあまりうまくないそうです。
僕は大のタコ、イカ好きなので
ええこと聞いたなあと嬉しく思いました。

タコは案外高いので魚より貴重なんかな。
タイはこれから旬をむかえるそうで
ごっそり撮れるから高級魚というよほど
高くなく店頭に出回るらしい。

釣り人が岸壁でも釣れるらしくて、
現代の技術に魚がついてこれないので
漁師はやりやすいそうです。

おっちゃん、いろいろ仕事しながら話してくれてありがとう。

歩道のガードフェンス

歩道があればガードフェンスがセットで
付いてくる。くらいに多く
日本にはあたりまえのようにありますが
海外にはあまりないような気がします。

あまり普段気に留めて歩いてないのだが
たいてい鉄の白いパイプ直径7センチくらいのもので
単純な形で横に2本とかその間にたまに
市章のモチーフみたいなものが挟んであったり
あまり美しいとはいいがたい

そもそもいるのかね。と思うのですがいかがでしょうか。
車の暴走事故で歩行者が犠牲になってます。
それはガードがあれば防げたのかもしれませんが
細い道路で段差のない白線だけの歩道で
難しい場合も多いしね。

しかし、そういう道こそやらんと危険度は高いからね。
4~5mの幅で段差もある歩道には
かえってないほうがすっきりして美しいと思う。

黒澤明の「野良犬」という映画は1949年公開の刑事の物語
ここに白黒で三船俊郎扮する村上刑事がピストルを奪われ、
犯人を追う、探すシーンで街が映るのだが、
これが戦後すぐでまだ、ガードフェンスも電柱も電線も
街の店の看板もすくなくてすっきりして
映画で見る欧米のシーンのように簡素で美しい。

実際、欧米もどんなだかよく知ってるわけではないのだが
グーグルマップで歩いてみるとすっきりしてるので
それはあってるのではないかと思います。

日本も公共のデザインがもっと美しければ
楽しくなるのではと思いますが、、、。

その点では1っピンものの火の見櫓なんかは
気合入れて鍛冶屋が作ったんではないかと
思うので、魂の入り方が違うんやろね。

暇があれば、野良犬や、酔いどれ天使、素晴らしい日曜日、醜聞
等黒澤明の1950年ころの現代を映した映画を
見てみてください。白黒でも美しいです。街並みが。