オフィス街の4641万円のすきま

たによんの街を歩いてみました。
ケロヨンではなく、谷町4丁目
略してこう呼ばれてます。

ここは大阪の真ん中のオフィス街で
大阪城にほど近いせいか外国人観光客
と思しき人々がちらほら歩いたりもして、
働く人々と合わさりにぎわってます。

そんななか、コインパーキングの隣のビルの敷地境界沿いに
砂利敷きの上にびっしりと草が茂ってました。
どこでもあらわれるな。

こんなコンクリートとアスファルトだらけの
まちなかでも。結構均一に整然としてて、
誰か管理してるんちゃうかと思ったほど。

初めて30分ほど歩いてみたが
ビル街はやはり人間のスケールに
あわないの高さのビルばかりで
見上げてることが多い。

この写真のように縦に撮ることがほとんどでした。

ふらふら歩いていると1間幅(1.82m)ほどの
ビルとビルの間の長い空地を見つけました。
ざっくり300mくらい続いてるのではないかと
たどってみました。

まずはコインパークのところで
ここは草だらけになって荒れ果て
自転車捨て場にもなってました。


こっちは自転車置き場
マンションの脇にあってまた
捨て場と化してるのでは
と思って入って行ったら
どうやらかろうじて使ってるのも
ありそうでした。しかし多分
自敷地ではないだろう。

どうやら昔は水路でもあって埋めたのか
大阪市の所有のようである。



ずーっとこんなふうにつながってて
どうにも利用できない感じです。
単なるスキマやけど
土地の広さ、値段はいくらやろね。
面積は1.82m×100m=182㎡ 54.6坪 85万として4641万円

たによんの地価は平均こんなもんらしいので
どうにも使えない土地4600万円が眠ってます。
航空地図みても全く気付かんくらい
細長く横たわってて横切る道路で寸断されるけど
また続く、というのが3ブロックほどありました。

それを追うのはやめて違う方向歩くと
3階建ての木造っぽいものがでてきました。
山本楽堂です。これは横向き写真。


現存する大阪最古の能楽堂で90年ほどの歴史があるようです、
能楽以外の催し物も多くあるようで、
意外なところにひっそりと小さめに鎮座してました。

こんなふうにきれいになってるスキマもありました。

以上、谷4でした。

76年前の奇跡!京阪関目駅の国技館をご存知?

大阪から京都まで京阪電車が走ってるのを知ってますか?
僕は子供のころから20年ほどはこの電車沿線に
住んでたので、電車と言えば、京阪電車のことでした。

まあ国道一号線にチンチン電車も走ってたので
それも利用してたような思い出もあるが、
すぐ廃止になったからね。残念でした。

で、京阪電車ですがこれは昔は淀屋橋から京都三条まで
特急テレビカーで40分ほどで着きました。
京橋から七条までノンストップ。
学生時代は関目から三条まで毎日乗ってました。

そんなお世話になってる電車沿線に
まずは千林、そして関目と移り住み、
10年ほど子供時代をすごしたわけです。

関目駅は各停しかとまらず、たいした名所もなく、
両隣の野江や森小路がみえるほど駅間が近い
そんなとぼけた駅です。

そういえば、中学のときの友達がこの駅のホームの下に住んでて
確か、窓からホームの下がみえてたような、そして、めっちゃ
電車の音がうるさかったような覚えがあります。
よう家があったなと思うけど。まあ、いろんなところに
高架下の店舗はあるからね。

でも住んでるのは珍しい、か、いや、そういえばそこも
飲みややったかも。あんまり注目してなかったので意識低い。

それでその駅からすぐそばにアーケードのある商店街があり
入るとすぐ左に「まからずや」っていう洋服屋がある。
これが50年近く兄弟でやってるのではないかと思うが、
1回も買ったことはない。いや一回試みて
ほんまにまけてくれないのでやめた覚えがある。

いまだにどの世代がターゲットなのか
さっぱりわからん。しかし、続いてるからなんとか売れてるんやろか。
関目の七不思議、そしてその前にはこれまた、40年も続いてる本屋も
あるのだが名前は覚えた記憶もない。しかし、たまに何か買ってたね。
今は本はちょっとで、あとは文房具かな。

それからちょっと歩くと「喫茶店」がある。あと、母子でやってた
八百屋と、消えていく店もようけあったけど
これらは今でも残ってる。みんな頑張ってるね。

拓郎の「消えていくもの」を彷彿させます。
なんてことない、寄ったことのない店でも久々に来て
やってたら妙に嬉しいもんです。

また、アーケードじゃないメインストリート?みたいな通りを歩くと
「関目冷菓」という店があり、中でソフトクリームや、
イカ焼きが食べれます。
真冬の寒い時期にこれをセットで食べるのが好きでした。

こんな、しょぼめの店ばかりの関目ですがなんと76年前には
あれがあったんです。何かわかります?
国技館です。

25000人も入れる両国国技館よりも大きいものだったそうですが
昭和12年から16年までたったの7回準本場所を行っただけで、
戦争のせいでもう倉庫代わりになり、終戦後しばらくで解体され
今は全く跡形もなく、お知らせ看板のみが団地の
そばの城北川沿いにあるそうです。

びっくりですね。関目にこんな大きなイベント物があったとは。
今は多くのマンションが立ち並ぶ、住宅街です。
一方通行多いけど、通過する車は少なめでまあまあ住みやすいのでは
ないでしょうか。そんな関目の紹介でした。

長屋の玄関先のたこ焼き屋というのもようけあったけど
今は減ったなあ。タコは小さめやったけど、どこもうまくて安かった。

街のニュース

最近まちのはずれを自転車でちんたら乗ってると
人気のない空地で誰も通らないような場所が
この地域では結構ありまして。

これは町と谷になってる隣町との間の草むらぼうぼうの
ほったらかし地帯で入れるけど
一応は軽く通せんぼしてある。

これをちょっと無理して入っていくと
広い野球ができるくらいの平地がぽつぽつ
あって、実際野球の練習をしていたりするのを
見たこともあったのだが

ここに久しぶりに行ってみると
太陽光発電パネルで埋め尽くされて
全くびっくりするくらい忽然と
野球場やただの広場がなくなってました。

これは誰の所業なのでしょうか?
全く分からないのですが
売ってるのか、工場などで自家発電して使ってるのか。
もともと誰の土地だったんでしょうね。

調べてみると
北杜市でメガソーラーパネル環境破壊で問題になってるようだ。

電気事業法の規制にかからない範囲で
投資家を募って事業を展開しているなかで
景観破壊や、設置した後の構造の脆弱さのよる
台風などで吹き飛ばされた場合による被害
など多数の問題を抱えているとのこと。

東京湾岸では約100万平方メートルの
埋め立て用砂利採取跡地の山で
24000世帯分の1年間の電力を
供給できる施設を作っているらしい。

再生できない山を有効利用したらしいが
元はと言えば山を切り開いたのでは?
僕がみた場所はそもそもなんだったのか。
やはり小山の中腹の野原だった感じ。

人が入って、平地にしたあと何年も放置されていて
忽然とパネルがあらわれたようです。

電気は世の中になくてはならないものになってますが、
何事も私利私欲にかたよらずバランスが大事だと思います。

ちなみに100万平方メートルって
1000m×1000m=1,000,000
つまり1kmの正方形ですね。
外周を歩けば4km,徒歩約1時間かかる程度です。

しかし産業廃棄物処理でもカドミウムが入っていて
問題があるようで、できれば違う良いものを考えるべきですね。
僕にできることは、電力に限らずエネルギー資源の無駄使いを
しないことくらいしか、今のところできません。