誰でもわかる住宅の基礎と土台の違い


木造住宅の基礎と土台に関してお話します。
住宅の打ち合わせをしているとたまに
基礎のことを土台という方がいます。

そんな時は多分コンクリートの基礎のことを話して
おられるのだなとスルーしてこっちはなんとなく
この基礎は厚みがなんぼでなになにで~と話を続けます。

まあ、土台と呼びたくなるのもわかるので
仕方ないのかなと思います。

「基礎」と呼んでいるのは鉄筋コンクリートでできていて
土に接している部分で地上40㎝くらいの高さの部分です。
たいていは薄いグレー色してます。

最近では縦に櫛引仕上げや、塗装で着色なども増えてるようです。
そして、そのコンクリートの上に載ってるヒノキの角材
12㎝×12㎝×3mほどの材木です。これが土台です。
建築での部位の名称ですね。

樹種はたいていヒノキを使います。シロアリに対する忌避性能が
あるので使われます。あとは水に強い性能もあり、その点では
ヒバやクリが昔は使われたりしていました。

いかがでしょうか。基礎と土台の違いがおわかりいただけましたでしょうか。
基礎のコンクリートには当然鉄筋が入っており、引っ張り強さにも
耐えしのぐようにできてます。圧縮にはものすごい強さを発揮する
コンクリートも引っ張られるともろいので鉄筋が補強してます。

これを reinforced concrete 略してRCと
呼んでます。サクセションではないですよ。

この土台はなんのためにあるかというと1階の柱を50本ほど建てる場合に
高さを均一に揃えるためにあり、これがないといくらきれいに打ち込んだ
コンクリートでもでこぼこしていてまっすぐに建ちません。コンクリートに
木材は突き刺せないので土台にはホゾ穴をあけ柱の足元にはホゾという差し込み
を作って土台と柱を接続して建込ます。
これをてっぺんの棟まで続けて組み上げることを上棟といいます。

昔は石の上に柱を直接石の表面の凹凸に合わせて柱の底を上手に削って
石の形をカタドリ、たてていたので柱同士のてっぺんを梁でつなぐのは
大変技術や手間がいることだったようです。

今はそういうことはしません。土台を使います。
これが地面に近いのでシロアリの被害にあわないように
シロアリ対策をするのですが、以前はクロルピリポスと
いう人間にも害のある成分含有の薬剤を使っていたので
20003年に建築基準法で使用禁止となりました。

それに代わるものとして
人間には無害といわれる多くのものが出回りましたが
今はホウ酸がかなり使われるようになってきました。
これは塩の7倍も安全とされている(ボロン#10)もので腎臓のない
シロアリには効き目があるが人間には無害だそうです。
使用例としては目薬や、ホウ酸団子などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です