柱と梁の違いを簡単にお伝えします。


柱と梁の話をします。
基礎の時と同じような感じですが住宅の打ち合わせを
してると材木で見えてる部分をなんでも「柱」と呼ぶ方が
おられます。

正しくは地面に垂直に立っている材木を柱と言い、
地面と平行に横たわっている材木を梁といいます。
横架材(梁を含む横たわる材の総称)はもっといろんな
名前に細分化されててややこしいのですが

家の中で見えてくるとしたら梁と呼ばれる部分が
ほとんどなので他はおぼえなくてもよいかと思います。

柱は梁に比べて見えることが現代ではほぼなくなりました。
たまに床の間を設けた場合の床柱くらいでしょうか。
その他の多くの100本ほどの柱は全て壁の中にあり
見えない大壁構造という作り方がほぼ100%主流になってます。

50年ほど前のサザエさんのような家と比べると
全体の8割がたが畳の部屋というスタイルはほぼ
なくなり、全ての戸建て住宅もマンションの室内と
変わりない柱・梁の見えない均一な空間が主流となりました。

これは欧米化スタイルの真似もありますが主には
家を建てた人たちからのクレームのがれから
作り手側がシフトしていったことに起因してそうです。

何故かというと木というものは材木になってからも
落ち着くまで長い年月を要し、建ててからも動くからなのです。

するとどうなるかというとスキマがあきクレームとなるのです。
ざっくりいうとそんな感じ。
なのでそれを隠して中に入れてしまえば、動いても関係ない
というわけです。

また、集成材の柱や梁も増え、見栄えも純な木材のように
美しくないということもあり、なんでも隠し、ごまかします。

フローリングと呼ばれる床の板の間もほぼすべてプリント
合板です。これも無垢の板を使えば反ったりすいたり
いろいろ問題が出るので使われなくなってしまいました。
プリント合板フローリングもしくは突板と呼ばれる1㎜にも
満たない薄い板(紙?)を貼りつけた合板フローリングを木の板
と思って育った子供はそれが木と思ってるんでしょうね。

大人が経済効率ばかりを求めるからその影響を受けた人たちは
本物の良さや尊さをわからないで大事なことを感じる能力が
落ちていってるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です