木のアーチが6m道路にできていた!?


今日も日中暑い中、ふらっといってみました。
なんということでしょう。

前にもいっぺん通ったにもかかわらず
気づいてなかったのですが、向かい合った家の
庭木が両方とも道路にはみだしまくり、
アーチ門になって見事にちょっとしたトンネルに
なってるやないの。日陰で涼しいわ。

しかし、街路樹でもないのにこれだけ道路に
双方から飛び出してるのはいかがなものか。
巷に道路にはみ出した庭木は星の数ほどあるけれど
こんなのはみたことないわ。

ひょっとして私道かな。どうかな。
何の木か見る余裕がなかったが、
桜やったら春は綺麗でええやろね。

柿の木やったら道路にいっぱい実が落ちて
買わんでもすむんちゃうの。実がつぶれて道路がわやくちゃやな。

それからまた、ちょっと進んでこないだみた
凄い家(9・25のブログ)の前まででてきましたが、
(迷いながらふらふらと)どんな車が止まってるのかみてみよか。と、
だが車は止まってませんでした。

しかし、このオブジェのような風貌が北側やからできたんやろね。
いくらなんでも、南やったらこうはいかんやろ。

大きな窓を取りたいし、建築基準法上、採光は居室の
1/7の面積が必要なので。

そうすると、中々こんな風に窓少なめの表情は作り出せません。
南に回ってみると、南側の家が接近してるけど2階に物干しバルコニー
らしきものもあったので、随分違う雰囲気出してるやろな。

多くの場合、窓はポイントで小さめにある程度で壁の質感で
家の意匠が決まってくるっと思います。プラス外構を含めた植栽と。

全く緑がない家はやはりしんどいね。南に道路からの
アプローチのある家は窓でデザインが決まってしまうので
難しく、いいなと思うのが少ない、

なんせ、窓と言えばガラスやからどうしても光を反射するし、
最近でいえばシャッターボックスなんか野暮ったくて
つけたら途端に建築雑誌には絶対載らない気がします。

今度は窓を見せまくったいい家を探してみます。
僕の好きな高須賀晋という建築家は
横に長い切妻屋根の家を作ってました。

それは広くて遠くからまるで立面図のように
見える家で窓と柱だらけで上手に作ってました。
都市では無理でしょうが、探してみます。楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です