歩道のガードフェンス

歩道があればガードフェンスがセットで
付いてくる。くらいに多く
日本にはあたりまえのようにありますが
海外にはあまりないような気がします。

あまり普段気に留めて歩いてないのだが
たいてい鉄の白いパイプ直径7センチくらいのもので
単純な形で横に2本とかその間にたまに
市章のモチーフみたいなものが挟んであったり
あまり美しいとはいいがたい

そもそもいるのかね。と思うのですがいかがでしょうか。
車の暴走事故で歩行者が犠牲になってます。
それはガードがあれば防げたのかもしれませんが
細い道路で段差のない白線だけの歩道で
難しい場合も多いしね。

しかし、そういう道こそやらんと危険度は高いからね。
4~5mの幅で段差もある歩道には
かえってないほうがすっきりして美しいと思う。

黒澤明の「野良犬」という映画は1949年公開の刑事の物語
ここに白黒で三船俊郎扮する村上刑事がピストルを奪われ、
犯人を追う、探すシーンで街が映るのだが、
これが戦後すぐでまだ、ガードフェンスも電柱も電線も
街の店の看板もすくなくてすっきりして
映画で見る欧米のシーンのように簡素で美しい。

実際、欧米もどんなだかよく知ってるわけではないのだが
グーグルマップで歩いてみるとすっきりしてるので
それはあってるのではないかと思います。

日本も公共のデザインがもっと美しければ
楽しくなるのではと思いますが、、、。

その点では1っピンものの火の見櫓なんかは
気合入れて鍛冶屋が作ったんではないかと
思うので、魂の入り方が違うんやろね。

暇があれば、野良犬や、酔いどれ天使、素晴らしい日曜日、醜聞
等黒澤明の1950年ころの現代を映した映画を
見てみてください。白黒でも美しいです。街並みが。

火の見櫓


街を歩けば色んなものに出会います。
火の見櫓はたまに見かけるけど使ってるところは見たことない
全国にいくつあるのでしょうか?

http://www.tamabi.ac.jp/kankyou/kishimoto/hinomiyagura/hinomi_toppage/hinomi_top.htm

調べてるとこんなのがありました。
日本全国各地にノスタルジックに点在してるようです。
私の地元、近畿では奈良が多く載ってますね。

しかし、全部直接行ってみてきたんでしょうか。凄いですね。
871件収録って。ちなみに私は2個。
それはここには載ってませんでした。
デザインに着目して調べてみたみたいで非常に興味深いですね。

僕ももはや、これは街のオブジェと思ってみていたものですから。
こんなに脆弱なぎりぎりの構造体ってかんじで
多分戦後の昭和30年代に多くできたらしいので
60年くらいひっそりと堂々と凛として佇んできたのだと思うと
よう頑張ったなーと声かけたくなるね。

まだ存続するだろうけど、使い道としては
スピーカー付けて街の放送にしたり
ホースを干したりしてあまり本来の用途では使われていないようだ。
これからも各地で観察していこうと思います。
デザインに興味があるので。

なぜならhttp://www.tamabi.ac.jp/kankyou/kishimoto/hinomiyagura/hinomi_toppage/hinomi_top.htm
例えばこれなど危なっかしいいいっ!
倒れたことないんかい。と思うのですが。
なんともバランスが絶妙なので気に入ってます。

しかし、この火の見櫓ギャラリー見てると
密集していない場所のほうがほとんどですね。
どちらかといえば都市部のほうが木造住宅がひしめきあって
火事が多くて、延焼しやすそうなのですが少ないんでしょうか?

東京45
大阪1
長野87
三重、沖縄、宮崎、等0
地域によってばらつきがあるが

やはりどれを見てもわりと緑多く、
空が広い地域のようでちょっと謎です。
知ってる方いれば教えてください。

道路


今日も街を歩けば色んなものに出会い、
道路にも出会いました。

何気に新設道路建設中で5年もそのままというのがあって、
何故滞っているのか理由がよくわからんのです。

調べてみると神戸西バイパスはもう30年近く
計画から考えて現在に至っているようで
航空写真を見てみると山のあたりは全く何も進んでいない。

これはあと50年くらい先になるのでは。
と心配してみるともう見届けられないかもと思いました。

総事業費1900億円。
道路長さ12.5km
進捗率72%
最近の3年間の進捗率1%だそうです。

年間63億円
1km152億円
くらい使うことになるようです。

完成したら便利になるのかもしれませんが
利用者はそう多くなさそうな気もします。
しかし、きちんとした調査結果によりこの事業をすすめてるようです。

今はまだ工事も止まっててのどかなものです。
田園地帯を突き抜けて防音壁付きの高架道路がねそべってます。

その下を誰も利用してなさそうな静かで狭いトンネルが70mほどあって
程よくエコーが聞くので中島みゆきが紅白で地上の星を歌ってたのを
思いだし、ちょっと大声でうたってみました。

輝く太陽は俺のものできらめく月はそうお前の涙~
となかなか良い響き。
このまま完成せんでもええのにな。
静かなひとときを異空間ですごせました。

街のニュース

最近まちのはずれを自転車でちんたら乗ってると
人気のない空地で誰も通らないような場所が
この地域では結構ありまして。

これは町と谷になってる隣町との間の草むらぼうぼうの
ほったらかし地帯で入れるけど
一応は軽く通せんぼしてある。

これをちょっと無理して入っていくと
広い野球ができるくらいの平地がぽつぽつ
あって、実際野球の練習をしていたりするのを
見たこともあったのだが

ここに久しぶりに行ってみると
太陽光発電パネルで埋め尽くされて
全くびっくりするくらい忽然と
野球場やただの広場がなくなってました。

これは誰の所業なのでしょうか?
全く分からないのですが
売ってるのか、工場などで自家発電して使ってるのか。
もともと誰の土地だったんでしょうね。

調べてみると
北杜市でメガソーラーパネル環境破壊で問題になってるようだ。

電気事業法の規制にかからない範囲で
投資家を募って事業を展開しているなかで
景観破壊や、設置した後の構造の脆弱さのよる
台風などで吹き飛ばされた場合による被害
など多数の問題を抱えているとのこと。

東京湾岸では約100万平方メートルの
埋め立て用砂利採取跡地の山で
24000世帯分の1年間の電力を
供給できる施設を作っているらしい。

再生できない山を有効利用したらしいが
元はと言えば山を切り開いたのでは?
僕がみた場所はそもそもなんだったのか。
やはり小山の中腹の野原だった感じ。

人が入って、平地にしたあと何年も放置されていて
忽然とパネルがあらわれたようです。

電気は世の中になくてはならないものになってますが、
何事も私利私欲にかたよらずバランスが大事だと思います。

ちなみに100万平方メートルって
1000m×1000m=1,000,000
つまり1kmの正方形ですね。
外周を歩けば4km,徒歩約1時間かかる程度です。

しかし産業廃棄物処理でもカドミウムが入っていて
問題があるようで、できれば違う良いものを考えるべきですね。
僕にできることは、電力に限らずエネルギー資源の無駄使いを
しないことくらいしか、今のところできません。